スマートイルミネーション新治2013

2013年11月1日(金)−11月4日(月)
OPEN : 16:00-20:00


会場: 十日市場駅前〜新治里山公園
主催: 緑区役所
協力: スマートイルミネーション横浜実行委員会、横浜市文化観光局 新治西部地区連合自治会、十日市場団地連合自治会、NPO法人新治里山「わ」を広げる会、株式会社中川ケミカル
機材提供: 山友工業株式会社

省エネルギー技術とアートでつくるライトアップイベント。2012年に続き第2回目となる今回に、山口藍もワークショップで制作する影絵の作品で参加しました。

山口がライトアップしたのは、新治里山公園内の旧奥津邸。
邸内の障子や窓ガラスを利用した影絵や、オリジナルの行灯をワークショップで作りました。
初のワークショップで、初の光を使った作品づくりと初の試みだらけでしたが、これまでと違った体験を通して新しい制作の形を生み出すことができたと思います。
作品は初日からでも楽しめるような展示をしつつ、ワークショップを経て4日間かけて完成させていく形をとりました。

「このもかのも」(=こちら側とあちら側、を意味する古語)と題し、影絵がふだん影の形を見るものに対して、今回の作品は光で形を作ってみせる「光の絵」として楽しめるようにしています。図と地の関係によって形を認識することを、光と影の関係に置き換えることで、ものの見方の裏側を意識し、いつも見ているものの新しい美しさに気づくかもしれません。

これらの制作にあたって、株式会社中川ケミカル様、山友工業株式会社様からご協力・資材提供をいただきました。
行灯・屏風づくりのワークショップにご参加いただいた皆さま、事前準備の障子のワークショップにご参加いただいた新治小学校の皆さま、ほんとうにありがとうございました!
さらに緑区役所、ワコールアートセンター、旧奥津邸など関係者の皆さま、大変お世話になりました。

以下、作品とワークショップの様子です。 画像はすべて撮影:アマノスタジオ


新治小の子たちと作った、旧奥津邸内の障子を使った影絵。
行灯。自由な形を作ってもらい、予め描いた下絵に沿って貼りました。
別の和室の行灯。大小さまざま3点つくりました。
ワークショップのようす。これは長屋門に設置された屏風を作っています
貼りながら照らして、実際の影絵の雰囲気を確認してもらいました
ライトアップされた旧奥津邸。二階は中川ケミカルさんによるカッティングシートで影絵をつくりました。すべての光源は山友工業さんのLED照明を使用しています。ありがとうございました!